スポンサーサイト

--年--月--日 (--)・・・これで件目かな・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度あの山を・・・・

2013年06月12日 (水)・・・これで1938件目かな・・

4月のオープン直ぐに行ったあの山へ・・・・
前回ちょっと消化不良気味だった星をもう一度撮りたいと
GPV予報を吟味して決行したつもりだったのですが・・・・

0609DSCF145.jpg

7時半、駐車場につくとなんかいっぱい!! 前回もかろうじて空いていた数台の場所へ入れたのだが
今回も駅に近いところは何処もいっぱい! 奥のほうになんとか数台空いていた。
今回も結構な人が来ているような・・・・





美女平から見る空はいい感じ・・・これは夜もいいかもなんて
この時の空は喜ばせてくれたのですけどね。



しかい今回もまたバスの中は外国の人ばかり・・・・
向こうの人は大声で話す人がおおいんですかね~~ なにを行ってるのかさっぱりです
それにバスの中でもカメラを持って前に出て行って写真撮るは撮るは・・・日本人はしないでしょう・・・
あのバスの中で立って歩くのを前回はじめて見たのですが。。。やはり今回もいました。
にぎやかなバスの中です。1時間近くが結構うるさかったり・・・・におったり^^;

途中の雪の大谷も3m近くへっていました。(現在15mって・・オープン時は18m)
立山稜線もすっかり雪解けがすすんでいます。
寒いかと思いきや・・・私は暑くて蒸れてました



散策遊歩道もかなり雪解けすすんでいますが、それでもやっぱり雪道歩く準備はね~
こんなおばさんもやっぱりまだいらっしゃいました。

0609DSCF1499.jpg











室堂到着10過ぎ・・・本日の予定は。。。まあ行き当たりばったりの撮影^^;
雷鳥に会えればそこで時間使って、みくりが池の様子を眺めて
のんびりうろうろトレッキングって言う感じ・・・・

この日の宿は、今回のメンバーすら誰も泊まった事のない一の越山荘。
室堂から電話予約で『 は~い わかりました~~』って
どんな山小屋時間がまっているんだか・・・まあこのときはまったく想像もしませんでした

室堂からみえるあの雪の上を延々と歩く事だけしか考えてませんから
室堂から一の越まで1時間半ぐらいだろうかと考えればのんびりモードです。

みくりが池を眺めて朝とも昼ともわからない腹ごしらえ。。。
前回あれこれもってきたけどする時間がもったいないと撮影に没頭だったので
今回も食事は巻き寿司やパンにおにぎり・・・コーヒーとスープを持参で

0609DSCF1500.jpg



 のんびり食事で見上げた空には
 太陽にしっかり暈がかかってます。
 天気下り坂かも・・・・・
 空一面うす雲が取れる気配なし
 タブレット出してGPV予報、なんか怪しい気配も^^;



今回、星を撮るぞと張り切ってデジタルにフィルムと2台のカメラしっかり背負ってきたのに・・
しっかり重かった・・・帰りのバスターミナルでザックをみただけで10キロ以上ありますから
料金お願いしますね~~~と徴収にこれらました。
はかりで量って18キロ越え・・・って事は
行く時は19キロあった!!なくなったのはペットボトルが2本に若干のおやつ
まさかそこまで重いとは思ってもいませんでした。もうペンタはもって行かんとこ・・・



こんなところをヒィヒィになりながら歩いてました。
ちょっと甘く見すぎたと後で反省・・・・

小屋の手前はもう直登って感じ・・・足が前にでませんわ(滑ると怖いし・・・
アイゼンつけてても雪は腐ってザックザクです。
おまけにおじさん方の足跡に続くと私の歩幅にあいません・・・



右隅に今夜のお宿・・・一の越山荘が見えてます。
あとすこ~~~~しがきつい、見えててつきません^^;

山荘前着何時だったか・・・・時計見ることすら忘れてました。
まあまだまだ宿泊やめて引き返すだけの時間の余裕はたっぷりある時間だったのです^^;
後でわかったメンバー全員のこの時に密かな心の内
誰か一人でもそのことを口にしていたら、引き換えして雷鳥荘に変更していたかも
結果。そうしなくてよかったのですけどね
なぜ、そんな事をおもったか・・・・・
なんたって、誰もいないんですから。雄山神社を見上げても降りてくる2名・・
後はダムの方からスキーで登ってきた人が4名、しかし皆さんベンチでしばし休憩すると
そのまま室堂向けており始めます。って事はここに残るのは我メンバー数名だけ^^;
小屋の中もし~~んと静か・・・・・・もう想像つきますよね。

まああれこれ考えてもどうしようもないので、とりあえず受け付け
今夜は・・・・・今のところ私らだけって・・・・・一の越山荘、貸切でした!!
夕食は6時。明日の朝食は7時。話をするのもいつものメンバーだけ
部屋に入ると静かです・・・・部屋は結構綺麗





しかし暖房はありません。。。たしか雷鳥荘は床暖房だったような・・(あつすぎましたけど)
しばし部屋お昼寝タイム。外は期待できそうな空模様でもないし
でも時間になるとそれなりに準備をしてはやめの食堂へ。撮影待機には早めにと
6時前だったけど食事されますかと、渡されたお盆。。。本日の夕食です


山小屋でカレーはちょこちこありますが。ここはクリームシチュー
なんでやろ・・・なんかのどを通りませんでした^^;
そういえば宿泊の確認電話の時、早めにお願いします。野菜を切る準備がありますのでと言ってました
このシチューの野菜きりの準備なんですね。(ジャガイモはホクホクでおいしかったです)

18時過ぎには食事終り、早々と外にでて夕焼け小焼け~♪をひたすら待つのですが
始めはまったく赤くなるなんて想像もできない空でしたが。。。やっぱり天は見放してなかった
恐ろしくすごい夕焼けを見ることができたのですが・・・フィルムカメラ出しもしないってアホでした。
そっちの写真はまたボチボチと

20時ごろまで西の空には赤みが残り、寒さも忘れて外にいました
劇的に赤くなった時には小屋から従業員の方もあわてて出てきてましたね。
これだけの夕焼けはここしばらく見たことなかったと言っていました。

深い夕暮れが訪れる頃、小屋の中でストーブにあたって『八重の桜』を
ここに来てこんなテレビをのんびりみれるとはね^^;貸切の特権でしょうか

しかし期待していった星空はまったく駄目でした。
朝までゆっくり爆睡です。朝もさっぱりの夜明けでした・・・
そんなわけで朝食7時までが長い長い・・・撮影撤収後食堂にストーブをつけてもらい
インスタントですがコーヒーもサービスでいただけました^^v

この日の朝食はご飯が進む君です。


夏場なら卵かけご飯になるのでしょうが、この日は自分で焼いて食べられました。
味噌汁のねぎももろねぎ!!っていう生そのものの辛さがしっかり

食事が終われば、空もどんよりする事もないのでもう即効下山です。
貸切一の越。。。またくるだろうか~
でも今回の撮影での心残りが若干ありますから、もしかしたらもう一度くらい
オープン間際かクローズ前あたりかもね

まあ 星撮影こそまったく駄目でしたが、梅雨の時期なんでしょうがないといえばそれまでなんで
帰りには雷鳥にも何度も出会えたのでラッキーな立山でした。

帰りに遊んでくれた雷鳥君です。





スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    Re:もう一度あの山を・・・・

    静かだなと思ったら・・・(笑)

    お元気ですね。星が見れなくて残念でしたが、劇的な夕焼け見せてください^^/

  2. 管理人 | URL | N6kp4qTg

    Re:もう一度あの山を・・・・

    まったく本当に星のかけらが何処にあるのというような
    どっぷり雲で被われた空でした。もちろん朝もさっぱり・・・
    雷鳥にはそんな空がベストなんでしょうね
    あちこちで姿からは想像できない鳴き声が聞こえていました・・・

    昨夜は満天の星空でしたが^^
    ピントがあっていない写真を連写で増産してきました。大泣きです~

  3. おかーさん | URL | DNGI0z/M

    Re:もう一度あの山を・・・・

    多分 結婚したすぐに この山荘に泊まってるような気がします。。。
    結婚後 唯一登山?した立山(笑)
    真夏のツアーだったので 雑魚寝もいいところだったけど 

    夕焼け 先日の凄い日のかなぁ。。。

    立山は やっぱり綺麗だね~♪
    雷鳥も遊んでくれて 星空は無理だったみたいだけど 良かったね

  4. 管理人 | URL | N6kp4qTg

    Re:もう一度あの山を・・・・

    ☆おかーさんへ
     なんとかこのときは夕焼けがきてくれたのでホッとしました
     夕焼けも駄目だったら・・・もう最悪の日だったかも
     雑魚寝どころか・・・・やけにし~んとするなんともいえない静けさです
     でも、あの場所からのあの夕焼けは小屋の従業員+うちのメンバーの7人だけの
     贅沢な時間だったのかも・・・・
     テレビものんびり見せてもらったりでした。
     しかし。もう一度泊まるかといったら今は考えちゃいますね^^;

     一の越から星撮影はいまひとつピンと来る場所じゃなかったかも・・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。