スポンサーサイト

--年--月--日 (--)・・・これで件目かな・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんびり山の贅沢

2012年08月08日 (水)・・・これで1800件目かな・・

今回も昨年秋に続き山の生活はテント泊
で・・・・・食事はというとしっかり小屋でお願いです
出発前に確認したところOKだったので、ゆっくり寝る事のできるテントに
食事はちゃっかり食べさせてもらう事に
なんたって年なんでカメラに三脚背負ってテントの小道具となると
食事関係はもうザックに入りません(入らないように小さいザックに変更

三食昼寝付きの生活を思う存分。。。。。かな

夜と翌朝の食事を予約して。。。。。さ~~~昼寝となるはずなのですが
テントの中の暑い事といったらサウナ状態、そとにでりゃジリジリと焼き付ける太陽
いる場所の無い山だわなんて贅沢な文句
翌日の偵察に行く元気まではもうないので
登って来る人を眺めながら持参したウォークマンかけてまったり
しかし金曜だというのにすごい登山者の数です
金曜の夕食は4回戦。ざっと勘定しても4~500人???
翌日土曜日はもっと多いそうです^^;
到着後コンデジで撮った写真は食事だけ。。。なんでやろ~と帰宅後???
先ずは金曜夜の食事(早い時間の予約なので土曜は17時から
しっかり夕日の撮影にはたっぷりの時間で余裕で食事ができます。
いつもなら座って10分ほどで駆け込んで飛んで出るのですけどね^^;


土曜の朝食も(この日は朝食最終は6時ということで
こちらは一番遅い6時から、これもゆっくり日の出の撮影後のんびり食事が出来ます


ここ燕山荘は食事は一貫して全部同じだそうですが
連泊者に関してのみ別メニューになるそうです。
食事のチケットに2日目は連の文字がかかれてました。

しっかり金曜はそれなりの撮影楽しめました。
夜は。。。。十六夜の月というのですか、日没後に東の空には真っ赤な月が顔を出し始めます
一晩中月夜に照らされた山の上。テントの中も明るい
外を歩くにもライト無しでOKです。
そんな状態だから。。。星撮影はほぼあきらめモードですが
3時前から起きて外であれこれ遊んでました。そのまま日の出を迎えるのです
そして6時に朝食 ↑ しっかりご飯は山盛り~~~今頃食べてもしょうがない梅干も2個
その後、燕岳山頂を踏んでコマクサの撮影に。。。。ついでに北燕も・・・・
ギラギラ照りつける太陽の下、思う存分・・・だったかどうかですが
撮影三昧。おかげで鼻の頭はまっかっか!!日焼け止め塗っても汗をふけば終ですね
今では皮がむけてピカピカ光ってます。

お昼に小屋に戻って今回絶対食べるぞと頑張っていたケーキ
ケーキセットでいただきます


喫茶室にあるテレビからはなでしこの試合が、こんなところでオリンピック観戦
それもケーキにピール付きに昼食はカツカレーときました。



土曜の午後から待たしても昼寝・・・・私には出来ない昼寝
会社じゃ眠くなってどうしようもないのに、何で昼寝ができないんだか・・・
それならと小屋のテラスでごろんと横になってぼんやりガスの中



土曜の夕食16時半をのんびり待つ事に
土曜はさらにたくさんの人のようで食事も6回戦とか・・・その分開始がはやくなって16時半
我が家の食事時間と結構おなじだわなんてね^^;
おかげで撮影にはもう最高ののんびり食事。食事の間に支配人のホルンの演奏もあります
通常は1回戦の食事だと食後にみんなでくつろぎながらだそうですが
この2日間は食事の間に毎回演奏しておりました。何をふいてるかは???でしたけど^^;
連泊者2日目の夕食はいろいろついていて食べすぎ状態でした。



しかし朝食は同じメニューだったのでアレッと思っていると
人数が多いので申し訳ありませんが同じになってしまいますが追加品ですとお豆腐にデザート。
最終日7時からの食事でのんびり・・・・夜露でぬれたテントもしっかり乾いていました
テント撤収後、贅沢三昧の燕をパチリと




しかし人気のある山なのか手軽にこれる?のか
すごい人でした。登って来るのは大半が20人前後とツアー登山者
どこたらツアーの20名さんとか、一班さんこちら2班さんはとかの声が飛び交ってました
テント場も土曜日は11時過ぎにはほぼいっぱい、残すはあの場所だけかななんて感じ
早くから合戦小屋にもテント場いっぱいのお知らせがあったようです。

最終テントの人が14時単独で登ってきました。。。。うろうろ探しているので
あの場所ならかろうじてと教えてあげたのがトイレの前・・・・・
結局その場所をはずして更なる先へ・・・・肥溜めの上に移動
しかし、その方ありがとうございますといいにこられました。
最初の場所が臭いがどうもで移動したようです。
明日は槍へむかってその後北穂からどこへやらへといっておりました
臭くても休まなくてはね。。。。

まあ、しかしこれだけの人が登ってきたので日曜の下山は大変な事になりました
多くの団体さんを見送ってから8時半下山開始したのですが
合戦小屋をすぎたあたりから。。。大渋滞のふんずまりです
下るより止まっている方が長い。

いろいろひと悶着もふた悶着もあってちまちま抜きながらの下山
とんでもないおばちゃん集団を抜いてからわかったのですが
食事の時に支配人の話に登り優先でお願いしますと話していた事を
忠実以上に守りながら下っているのですね
一人ののぼりの人にもなんだかおべんちゃら言いながら止まるんですから
そりゃ大変な大渋滞起こすでしょう。
おまけにその集団にはリーダーらしき人もいない様子なんですが
最後尾に一人いたおっさん(おじさんとは言えないわ)
下りの早い人を挟んでほしいといった所、ものすごいけんまくで文句
あの場所であの発言しちゃ。。。みんないやな雰囲気
それに便乗するおばはん連中・楽しい山歩きをあんたらが壊しているなんて言い出す始末
結局途中の広い場所で抜きましたけどね。
そうしたところ、先頭おばちゃん私の直ぐ後ろになるわけなのですが
私がさっさとおりていくと、登りの人が来ても平気でおりてくるじゃないですか
そんなの見ると、さっきまでのあれはなんだったのとますます怒り・・・・・
少しでも早く離れたいので第2ベンチまで結局ノンストップ
コンデジ出して撮る事すら忘れていましたわ^^;
しかし第二ベンチからの下り。。。。それまでの疲れが一気に出てきたのか
もう足がヘロヘロ、膝が痛いというより、膝が大笑いしていました。
12時過ぎ中房温泉に到着後、駐車場までの舗装道路を歩くのに
足が反対に曲がる感じ^^;
10数年前のあの日のことを思い出しました。やっぱりこの感じだったな~~と

今回も最高の景色に贅沢な燕2泊3日を満喫してきました。
のぼりの足のつり・・・どうも燕岳は何かある山のようかな・・・
10数年前の時には三大急登だと聞かされ、元気つけて登るかと
一人こっそりチオビタ飲んで出発したところ第一ベンチまでに真っ青になり
水場におりて吐いてきたおぼえが^^;

次回。。。ここにくる事があるかな
そのためには脚力しっかりつけて減量だろうか^^;

では とりあえず久々の夏山報告でした。
一眼での写真はボチボチ整理始めたのでまたゆっくりアップしていきます。
スポンサーサイト


コメント

  1. 萬ちゃん | URL | -

    Re: のんびり山の贅沢

    流石、山ガール。
    2泊3日と書いてあったので大方の見当をつけていましたが(^_^)v

    3食昼寝付きで下山が勿体無い気がしたのでわ。
    まぁ ご無事に帰還できてなによりです。

    立秋ともなるとオリオン座が見え初めて、季節は秋に向かってまっしぐら。クラブ展の写真ができてなく焦るばかりです。

    昨日は和展で1日当番、「ガラス細工に魅せられて」に1票を投じてきました。

    朝倉遺跡と天の川、7日の夜、快晴の中。でも平地の天の川は麻那姫で見たような迫力がなく
    小南氏に色見本を依頼しましたが何処まで浮かんでくれるやら。
    15日PM、後期の当番に出来上がるので楽しみです。

  2. 管理人 | URL | N6kp4qTg

    Re: のんびり山の贅沢

    ☆萬ちゃんさんへ
     いろいろアクシデントを抱える私は今回も笑いの種を作ってきました
     お天気もよく三食昼寝付きはもっといたかったですね
     せめて天の川が見れる頃(今頃ならなんとかかも)今週末も計画の範囲でしたが
     天気を考えると判断に苦しむところです。燕山荘の後ろに天の川立ってました
     明るい月夜、到底写ってくれません!!
     
     和展・愛のシグナル拝見しました(1票です^^v
     あの写真を見たら来年岩屋で頑張る~と思いました

     真名川の天の川を見てしまうと平地がどうしても弱いですね
     昨夜も六呂師なんて思いましたが、寝不足続きそうなのであきらめました
     今朝3時ごろには勝山でもオリオン座が見えてました。
     後半の和展も楽しみですね。
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。