スポンサーサイト

--年--月--日 (--)・・・これで件目かな・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな場所の夕景も・・・

2011年05月19日 (木)・・・これで1615件目かな・・

昨年行った時からこの時期のこの場所が気になっていて
水芭蕉の散策の帰りも寄ってみたかったけど
天気がなかなか味方してくれないせいもあり
気になりつつもいけなかった場所へ いざ~~~~

職場でのいら~~やむか~~~もたまってきてるしって事で
行ってきました
が・・・・・・・・・・・・・・道中のルートはまあ凄いものでした
昨年こんなんだったかなと
何度Uターンしようか迷ったことか
でも一歩間違ったら車が傷だらけ、帰るに帰れないなんてことにもなりかねない
しかしここまで登ってきていまさら帰るのは
進入禁止になっていないんだから進めるんだわと判断して
ゆっくりゆっくり
コンデジもっていなかったので写真撮りながらとはいかなかった。ちと残念

目的の場所はどんな風に変化するのか気になりながら
福井より多目の雲になんだかしょんぼりぎみでしたが、来たからにはね





この時間になってくると、なんか水平線近くの雲が気になってきます
どうも今日水平線に隠れていく夕日は見れそうもないみたい
その前に隠れちゃいますね。





一度は自分の目で見たいと思っていた場所からの夕景
気になった場所へ立つことができたので、まあ満足かなと
でもスカッとした夕日の風景が見たいものです・・・

しかしこの日の道路の凄さにはほんとどうしようかと思いました
一人だと心細くもなり決心がたっぱり鈍ります
でも展望場所に着くと、やっぱり来ている人はいるんですねお一人!!
地元の方で、福井からの私の車を見てよくここがわかってあがってこれたね~と
散居村展望スポットとしては地元の穴場のようです。
皆さんは夢の平展望の方にいくようで
先日からそっちはもう三脚が隙間なく並ぶようです。バスで撮影ツアーでも来るとかも
まあ道路もいいので向こうは有名なんでしょうね
多分道路標識もしっかりあったはず・・・・

そんな話をしながら日没の赤く染まる西の空を眺めながら待ちます
この日は登ってくる人も少ないようですが
  多分安念さんも来るはずだと話しておられましたら・・・
  『 写真家 安念余志子さん 』だとか
結局あのがけ崩れの後の山道を登ってきたのは3名と
地元の山菜採りのおじさん1名でした。あの時間から山菜採りかとおもいましたがね

昨年はしらなかったけど、あの場所は熊の通り道で
撮影していても人を恐れない熊が登ってくるそうです
だから夜中に車中泊は危険なので決してしないでと安念さんから

もしこの場所で熊の被害がでると、ここまでのルートが閉鎖されたりしてしまうと
せっかくのいい場所がなくなってしまうので、そうならないようにという事でした

そんな話もしながら、赤くならないね~~~と
寂しく19日の日没がやってきました。

帰りに安念さんがおいしいラーメンを食べて帰る?というので
ご一緒に^^v



お行儀悪いけど携帯カメラでパチッ!! 
さっぱりしていて分厚いチャーシューが2枚入って満足なおなかを抱えて
福井への岐路につきました。

またいつかあの場所に立つ日があるかな~~~

この週末は土曜日はちぃ~っとブナ林でも。。。
日曜はアートラボ福井へいけるだろうか~~~
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。