スポンサーサイト

--年--月--日 (--)・・・これで件目かな・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の涸沢5(2日目)

2010年10月26日 (火)・・・これで1495件目かな・・

10月15日(金) 明け方未明から屋根を打つ雨の音
布団の中でトタン屋根に響く雨音をききながら・・・やむんだろうか~
今日の予定はどうする・・・・・日の出なんてまさかのまさか
予定通り朝の食事5時。しっかり守ってはいくものの
外の天気は時折激しく降る雨。上を目指す人。降りていく人。思案のわがメンバー
いろんな人が小屋の中や外をうろうろ
テレビの天気予報も、昨日は確か9時上がりだったのに12時上がりに変わってる
穂高の稜線は何処も白い雲の中で何にも見えない。
一大決心のときですね。
『 北穂はやめよう。明日の天気を期待して。』となりました。
正直私にはやった~~なんて気持ちもあったりね^^;
で・・・・15日の宿泊はとなると、
今回の涸沢ヒュッテのあの敷布団の湿っぽさがどうもね~~
撮影を考えたらヒュッテのほうがベストだけど、目の前に涸沢小屋をみてるなら
2泊目は涸沢小屋へとなりました。

それならあわてずのんびり~と
ヒュッテのテラスでおでんをたべたり、雨のやむ時間をみて傘持参でうろうろ撮影
こんなのんびりの山は初めてかもしれない^^; こんなのもいいもんですね





下界のほうは時折日がさしているような



ヒュッテのテラスで撮影していると、三脚立てている人はヘリがきますから
倒しておいてくださいと、叫んでいる。
荷揚げのヘリが飛んでくるようです。のんびり小屋の時間を楽しんでると
こんな場面にも会えるんですよね~
この日は5回の荷揚げが行われました。テラスにいる人はみんな一斉にヘリ!!でした




お天気だったらこんな場所をヒィ~ヒィ~いいながら登っていったのでしょうね^^;



この後は涸沢小屋の方に移動して、小屋での宿泊受付となるのですが
たしかHPでは、半分以上の空き状態だったのに
受付すると予約していない方は1枚の布団に2名の宿泊になりますといわれる
え~~~~~そんなに混んでるの、仕方がないことだけど、少々がっくり
言われた部屋の番号へ、いっぱいになるまでしばらく寝ておこうと
早めの昼寝タイムです。

今年は紅葉のピークこそ終わったが、ここしばらくの気温のせいなのか
散らずにしっかり残っているため、問い合わせも多くて
その結果、登ってくる人も多いようです。

昼寝タイムもおわって、小屋の中の散策なんていう感じでうろうろすると
予約者のほうは1枚の布団にしっかり1名がぎっしりとつめられていますが
私らの場所は・・・・・なんかスカスカ
このままなら1人1枚の布団でもあまりそう^^v
のんびり寝れるかもね。
昼寝タイムのあとは・・・・・・・・もつ煮と生ビール(ぜいたく~~~~♪



のんびりしているのもここいらまでで
明日の天気によっては夜明け前に起床。ヒュッテの裏まで行って
涸沢モルゲンを期待しながら待つ。そんな予定だから小屋の朝食はお弁当!!
夕食は・・・・・何食べたんだったっけ^^;
その席で耳にした情報。何故か隣の人たちの話が足がつったという内容
経験者の私には気になる話・・・・・
つった時には塩をなめるといいとか。梅干持参もいいらしいが
葛根湯がきくなんていうこともいっていた。
葛根湯って風邪の漢方薬では????(帰宅後調べると芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)がいいとか
そんな話でみなさんテーブルの上にあった塩をティッシュに包んで持ち帰り
もちろん私もね^^v 帰りに足がつることはありませんでした・・・

夕食後外に出てみると、前穂の方角に月がぼんやりでていました。



テント場ではそれぞれのテントで夕食中かな
明かりがついてきれいです。
小屋のテラスもひっそりとなりお昼の賑わいはありません
暗闇の涸沢へと眠りに尽きます。





15日のほかの写真は、まとめてHPのほうにアップすることに~。

15日の歩数はなんとまあ・・・4078歩 いかにのんびりだったか^^;
後は16日のお天気を期待して、夕食後は寝るだけです
夜中の星空も期待したいのだけど・・・・無理っぽいかな
16日起床は3時の予定!! はたして・・・・・

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。